ホーム でたらめ判決を正す 留意事項 検索 過去ログ 管理者へメール
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
ファイル添付 (最大容量:5120KB)
参照先
無題
大高氏の脱会は作り話と言うが、ワイは彼から直接に聞いている、大高氏が裁判所前で騒ぐ基因である立ち退き事件を知っているか、彼はいわゆる「法の不知は害する」を主張した。

これは法格言のひとつで、簡単にいえば「『そんな民事法は法律知らなかった』だから法律の意味も知らずに、北詰同様に非弁行為紛いなことを河野女史にしていた、まあ金目当ての事件屋であるな。
suihanmuzai 2020/06/01(Mon) 20:40 No.5100
最近の北詰淳司の犯罪は詐欺事件なり
北詰淳司が昨年6月に執行猶予で出所して帰住である池上に戻り、早速に生活保護受給申請をしたのだが、このときの資産【所持金】申告は虚偽である、北詰のこの詐欺を知る赤坂婆は始まる高畑訴訟で真相を明かすな。

お前北詰を八田秀子さん保険金殺人等とアクセス目的に騒いで十年近く、しかしこれで警察から何の調べもされていないのか、これではワイの誤算、壮大な勘違いであり詫びるしかないが、実際のところどうずらか? 
suihanmuzai 2020/05/31(Sun) 11:36 No.5099
無題
今回の対応で、やはり三次巫訴訟の後編とした提訴はやるが、訴状は一枚で納めて甲号証は多数とするな、原告主張は被告の悪魔の証明の追求である。

自分の刑事資料を公開しないアンタとのやり取りはこれでお仕舞だ、しかし我が掲示板への来場は歓迎する。

北詰淳司は他人の個人情報を不法に入手して生活保護者とSNSで流す、この北詰は詐欺である不正受給者だ。
これを同じ詐欺仲間の自称吉田と共に当掲示板の投稿、これを巫に抗議するも削除の理由を言えと拒絶する。

「自分がされて嫌なことは、相手にしてはいけない。普段の日常と同様に、それはSNS上でも同じだ」 これが判らない士人巫のアホなり。

消息筋によれば、北詰淳司の保険金殺人立証は一時頓挫したが、我が北詰訴訟提起を機に再び内偵がされていたともことであるな。

「インターネットの掲示板に実在する女性の名前をあげて「風俗店で働いている」などの書き込みをした風俗店運転手の45歳の男が、名誉棄損の疑いで25日逮捕されました」


どんどん逮捕しよ
掲示板などにあることないこと書く馬鹿が多いから書かれた側もどんどん名誉毀損で訴えて書く奴らに捕まるって認識を持たせよう。
掲示板などの管理者も開示要求にきちんと対処してほしい。プロバイダーもそうだけど、弁護士使わず個人での開示請求にも誠意ある対応を。
suihanmuzai 2020/05/24(Sun) 08:01 No.5098
Re:[5096] 不毛なお話は止めて論理で語れ
遂犯無罪さんこんにちは

しかし

> 吉田の背乗り事件、小川の詐欺事件。北詰の保険金殺人事件、また当掲示板で紛争の切っ掛けとなった坪井の恐喝事件、更にサイバー犯罪である谷口と巫、これら全てを裁判の中で追及解明している、我が主張は事実に基づくものであり書証で証明されている、

これはまったく嘘です。

> ああでもない、こうでもないの貴殿との論争は成立しない、文句があれだ訴えて来んかい。

自分の主張が論争を超えて正しいということか。裁判官や検事を批判しているうちに、あの人たちの考え方に染まったようですかね。ミイラ取りがミイラになったということか。

しかし、貴殿は彼らのような権力者ではない。裁判官なんかの虎の威を借りて、裁判批判をする人士を攻撃するぐらいしか、威張る場所がないということかな。

それから、だれかれ構わず名誉棄損をしている貴殿の行為は、犯罪ではあるが、むしろ疾病、名誉棄損依存症とでも名付けるものだろうか。

>
> そんな事よりも。レイシスト大高は国籍問題等から裁判正常化道志会を脱退して4年になる、この大高の同意もなく違法な刑事記録の公開するとはどういう了見か、先ずに自分の「刑事裁判記録」を公開することなく、多くの他人の事件記録を違法公開する意図とは何か、答えるべし。
>

大高氏の脱退云々は貴殿の創作。話にならない。

刑事裁判記録の公開は違法ではない。公開を裁判所や検察の尻馬に乗って、抑止しようとするから、裁判所の走狗というのである。

> 柏市戸籍改ざん事件の元支援者は小川・吉田の正体を知っている
> http://www.suihanmuzai.com/130528.jpg.html

いなおり男遂犯無罪か、

しかし、この掲示板で画像をアップロードしてくれたのは初めてだ。そこはよくやったと評価してもいい。
管理人 2020/05/23(Sat) 16:01 No.5097
不毛なお話は止めて論理で語れ
吉田の背乗り事件、小川の詐欺事件。北詰の保険金殺人事件、また当掲示板で紛争の切っ掛けとなった坪井の恐喝事件、更にサイバー犯罪である谷口と巫、これら全てを裁判の中で追及解明している、我が主張は事実に基づくものであり書証で証明されている、ああでもない、こうでもないの貴殿との論争は成立しない、文句があれだ訴えて来んかい。

そんな事よりも。レイシスト大高は国籍問題等から裁判正常化道志会を脱退して4年になる、この大高の同意もなく違法な刑事記録の公開するとはどういう了見か、先ずに自分の「刑事裁判記録」を公開することなく、多くの他人の事件記録を違法公開する意図とは何か、答えるべし。

柏市戸籍改ざん事件の元支援者は小川・吉田の正体を知っている
http://www.suihanmuzai.com/130528.jpg.html
suihanmuzai 2020/05/23(Sat) 02:41 No.5096
Re:[5094] 無題
> 『掲示板管理者は掲示板の記事に対する責任をすべて負うものではなく、人権侵害等の記事が仮に投稿されていたとしても、投稿削除の具体的な要請がなければ、その記事に対する責任を負うものではありません』
>
> ■投稿を確認後に掲載する掲示板でありながら、これが違法性・他者・閲覧者に及ぼす内容であるか否かを検討することなく公開するのは、掲示板管理者に及ぶ違法行為との判例が出ている、法律云々ではなく社会常識である。

この掲示板は「投稿を確認後に掲載する掲示板」ではなく、ユーザー登録した人が自由に投稿できるものです。実際に、そのように投稿しておきながら、なぜこのようなことを書くのか、何らかの印象操作を行いたいためでしょうか。

判例が出ているというのは何を指しているのですか。印象操作のように見えますが、判例を具体的に指定してくれませんか。

社会常識という言葉を貴殿が使用するとは、驚きです。このような言葉を使用するに最もふさわしくない人間の1人だと思いますが。

>
> 『これらの事実関係については、掲示板の管理者として、その真相を知る立場にはありません。掲示板管理者として、だれが正しいかなどという意見表明はできないし、実際に、それに関して私は判断できません』
>
> ■判断できない与太記事を自分の主張として公器で拡散している意味が解らんか、

解りませんね。与太記事というのは、遂犯無罪さんの主張でしょうが、合理的な根拠も示さず、単なる断言でしかない。そのようなものが「解らんか」とは、どういう思考形態なのか私の理解を超えていますね。

>
>
> 『小川氏が生活保護受給者で不正受給だということを匂わすような記事を記事を具体的に指定してくれれば、削除を検討しますが』
>
> ■やはり阿修羅掲示板のコピペ「小川は生活保護者でありながら株投資をやり、貧困対策にFX取引を国民全てがすれば解決するとほざいている」こうした趣旨に加えて、小川には連続保険金殺人の疑いがあり、犯罪告発ゆえ違法性はない。
> また、小川はこの記事当時に生活保護不正受給から、議員年金より月々に5万円を返済していた。これは証拠もあり事実である。我がhpで小川が所有する土地を吉田に売ったのがバレたのだ。

生活保護不正受給呼ばわりについては、貴殿が勝手に断定しているだけで、何の根拠も示されていないので信頼できません。

しかし、生活保護バッシングは社会問題だとしても、生活保護不正受給という状態が存在しうることは、貴殿も認めているようですね。そうすると、ある人が貴殿を生活保護不正受給だと考えること自体は、ありうることだと認めますよね。

殺人者呼ばわりのほうは、省略ですか。

>
> 吉田が唯一に正当性として言い続けてきた小川の生活保護問題だ、これすら小川に確認することすらしない、これを糾弾しているのだよ。
>

どこで、吉田氏が小川氏の生活保護問題を「唯一の正当性」と言い続けているのでしょうか。吉田氏は、小川氏の相続財産にかかわる不正があったという主張を支持しているのであり、生活保護の問題には関与していないと思いますよ。生活保護に関する貴殿のHP記事は、次のものです。

http://www.suihanmuzai.com/130528.jpg.html

前の訴訟の控訴審での、この記事に対する当方の指摘について、貴殿は答弁書14ページで次にように書いています。

「小川達夫の不正受給者の件については、被告となった小川は巫掲示板、及び自己掲示板上で同じく被控訴人に対する虚偽の風説を流して、更に偽造した告訴状をネットに公開した、これに対抗すべく小川達夫の元支援者の意見として、大手掲示板に現在まで掲載されている、資産家小川の不正受給告発記事を引用したのが事実である、これに対して小川は沈黙して全く意義申立てをしていない。」

意味不明ですが、他人の生活不正受給を喧伝する記事が自らの管理するウェブサイトに掲載されていても、問題ではないということを意味していることは、間違いないでしょう。

> やはりこの件で対話は無理であり四次訴訟でやろうな。

この掲示板を改造するのには随分労力を費やしました。その原因の多くは、貴殿に帰します。せっかくのことです、ここで議論しませんか。貴殿には裁判所に行けば、味方がいるのでしょうか。司法機関の走狗だから裁判官が擁護してくれると期待してのことでしょうか。
>
> たぶん北詰は騒ぎたいだろうな・・、証拠保全!何時までも!!名誉毀損等が酷過ぎる!!!
> https://9211.teacup.com/kokou/bbs/4178

意味不明
管理人 2020/05/22(Fri) 14:08 No.5095
無題
『掲示板管理者は掲示板の記事に対する責任をすべて負うものではなく、人権侵害等の記事が仮に投稿されていたとしても、投稿削除の具体的な要請がなければ、その記事に対する責任を負うものではありません』

■投稿を確認後に掲載する掲示板でありながら、これが違法性・他者・閲覧者に及ぼす内容であるか否かを検討することなく公開するのは、掲示板管理者に及ぶ違法行為との判例が出ている、法律云々ではなく社会常識である。

『これらの事実関係については、掲示板の管理者として、その真相を知る立場にはありません。掲示板管理者として、だれが正しいかなどという意見表明はできないし、実際に、それに関して私は判断できません』

■判断できない与太記事を自分の主張として公器で拡散している意味が解らんか、


『小川氏が生活保護受給者で不正受給だということを匂わすような記事を記事を具体的に指定してくれれば、削除を検討しますが』

■やはり阿修羅掲示板のコピペ「小川は生活保護者でありながら株投資をやり、貧困対策にFX取引を国民全てがすれば解決するとほざいている」こうした趣旨に加えて、小川には連続保険金殺人の疑いがあり、犯罪告発ゆえ違法性はない。
また、小川はこの記事当時に生活保護不正受給から、議員年金より月々に5万円を返済していた。これは証拠もあり事実である。我がhpで小川が所有する土地を吉田に売ったのがバレたのだ。

吉田が唯一に正当性として言い続けてきた小川の生活保護問題だ、これすら小川に確認することすらしない、これを糾弾しているのだよ。

やはりこの件で対話は無理であり四次訴訟でやろうな。

たぶん北詰は騒ぎたいだろうな・・、証拠保全!何時までも!!名誉毀損等が酷過ぎる!!!
https://9211.teacup.com/kokou/bbs/4178
suihanmuzai 2020/05/20(Wed) 21:12 No.5094
Re:[5092] 質問
遂犯無罪さんこんにちは

> 「生活保護受給者にロクな奴はいない」
> →「そういう人と付き合わないようにしよう」
> といったパブリックスティグマや、「生活保護を受けるのは自分で稼ぐことが出来ないダメな人間のする事だ」
> 「自分が生活保護を受けたら周りからそう思われて避けられるかもしれない」
> →「行政に相談するのは止めておこう」といったセルフスティグマが形成される。
> このような状況では、本当に行政サービスを必要としている人にサービスが行き渡らず、社会の幸福度は低下する。憲法に定めのある基本的人権も保障されず、立憲趣旨にも反する。
> スティグマへの恐れから自殺や引きこもりに繋がるケースも存在する。

生活保護は、日本では必要な人のごくわずかな割合にしか支給されておらず、支給されてもバッシングを社会的に受けることになります。これは重大な問題だといわれており、私もそう思います。日本では、有力な政治家(片山さつき)も生活保護バッシングに同調した事実があり、日本の生活保護を担当する役所も、生活保護支給を少なくするために、支給を渋る傾向があるともいわれており、役所と社会状況の両方に、そういう傾向が残っていると思いますが、それは根深い問題です。

> これらは当然に解決すべき問題であり、不正受給者と事実無根な吉田記事を掲載し続ける理由を訊きたい、
>

貴殿との訴訟での書面でも書いた通り、掲示板管理者は掲示板の記事に対する責任をすべて負うものではなく、人権侵害等の記事が仮に投稿されていたとしても、投稿削除の具体的な要請がなければ、その記事に対する責任を負うものではありません。不正受給者と事実無根な吉田記事というのがどの記事で、それがそのような性格の記事であるという指摘があれば、その都度対処します。

> 自称吉田の不正受給者とした発想は何ら根拠もなく、ただ提訴された恐怖からの戯言である、これを担当行政に何度も繰り返して虚偽通報、これにその都度に事情聴取をして、最後には通報を止めさせて行ってくる始末である、事実確認もせず掲載し続けいる理由はなにか。

これらの事実関係については、掲示板の管理者として、その真相を知る立場にはありません。掲示板管理者として、だれが正しいかなどという意見表明はできないし、実際に、それに関して私は判断できません。

たとえば、自称吉田というのはどういう意味なのでしょうか。

また、訴訟の書面でも指摘した通り、遂犯無罪氏は、小川氏が生活保護受給者で不正受給だということを匂わすような記事を、貴殿のホームページに掲載しており、削除したという話を聞いておりませんが、そういうことを自分でしておいて、自分が同じような非難を受けた時に、自分のウェブサイトの内容を訂正しないで、他人を非難するというのは、通常は許されない姿勢だと思いますが、これについては、どう考えているのでしょうか。

記事を具体的に指定してくれれば、削除を検討しますが、それについて私の質問にも答えてくれませんか。貴殿は、いろいろな人の名誉を棄損するような記事を、貴殿のウェブサイトで主張しており、その根拠は私が見た限り示されておりません。たとえば、ある人が殺人犯であるとか、ある人が重戸籍者であるとか、私たちの研究会が犯罪集団であるというような断定です。このような根拠のない言いふらしは、一つでも重大な犯罪だと思いますが、貴殿はだれかれなしにそういう話を言いふらしております。なぜ、そのようなことを続けているのでしょうか。
管理人 2020/05/20(Wed) 20:28 No.5093
質問
「生活保護受給者にロクな奴はいない」
→「そういう人と付き合わないようにしよう」
といったパブリックスティグマや、「生活保護を受けるのは自分で稼ぐことが出来ないダメな人間のする事だ」
「自分が生活保護を受けたら周りからそう思われて避けられるかもしれない」
→「行政に相談するのは止めておこう」といったセルフスティグマが形成される。
このような状況では、本当に行政サービスを必要としている人にサービスが行き渡らず、社会の幸福度は低下する。憲法に定めのある基本的人権も保障されず、立憲趣旨にも反する。
スティグマへの恐れから自殺や引きこもりに繋がるケースも存在する。
これらは当然に解決すべき問題であり、不正受給者と事実無根な吉田記事を掲載し続ける理由を訊きたい、

自称吉田の不正受給者とした発想は何ら根拠もなく、ただ提訴された恐怖からの戯言である、これを担当行政に何度も繰り返して虚偽通報、これにその都度に事情聴取をして、最後には通報を止めさせて行ってくる始末である、事実確認もせず掲載し続けいる理由はなにか。
suihanmuzai 2020/05/20(Wed) 13:12 No.5092
【2020年5月16日ニュース】裁判官弾劾制度と訴追請求について
 司法の独立は、民主主義を実現するための重要な要因であると考えられておりますが、日本の裁判司法の実際においては、この概念が誤解されているのではないかと思います。民主主義においては、権力の源泉は人民あるいは国民であり、いわゆる三権分立の一つである司法は、それ自身が権力の構成要素であり、行政、立法の他の権力から独立しているべきであると同時に、人民、国民の統制下になければなりません(日本国憲法前文、15条、78条)。日本の裁判司法において、この機能がどの程度有効に機能しているのかは、私たち裁判司法研究会の発足当初からの研究、検討課題でした。

 日本国憲法15条は、公務員の選定及び罷免は国民固有の権利であると定めており、合わせて裁判官の公的な弾劾に触れている78条を実現するものとして裁判官弾劾法による弾劾制度があると考えられています。しかし、この制度が裁判官の行為を国民の視点で統制する本来の機能を満たしているかについては、否定的な見解が一般的です。

 2017年12月に発生した、東京地裁・高裁の庁舎内での、傍聴希望者に対する建造物不退去罪事件の裁判を傍聴した私たちは、警備法廷を執拗に実施して、その結果被告人が裁判に出廷しない欠席裁判になったまま、刑事訴訟法の規定の都合の良い解釈を口実に、まともな事実確認を行わずに有罪判決を言い渡した裁判官の職権行使は、裁判官弾劾法2条1項の「職務上の義務に著しく違反し、職務を甚だしく怠っている」のではないかと考えました。この考え方に基づき、2019年9月24日付で、裁判官訴追委員会あてに訴追請求状を送付しました。この経験は、私たちの裁判官弾劾制度や刑事訴訟法の認識を深めました。

 この請求行為の評価あるいは意義については、簡単に結論を導けません。一つ言えることは、裁判官弾劾制度が司法制度全体において非常に重要な部分を占めているにもかかわらず、その実務や研究はまったく不完全であるということです。

 私たちは、この問題意識を提起するために、訴追請求に関する資料をウェブで公開しました。読者の皆様のご意見、ご批判を期待し、また、この問題が広く人々の間で意識され、検討される契機になればと思います。

http://www.ootakasyouji.com/incmat/hutaikyozai.html

http://www.saiban-seijyouka.com/news/20200516.html

管理人 2020/05/15(Fri) 18:45 No.5091
- LightBoard -