ホーム でたらめ判決を正す 留意事項 検索 過去ログ 管理者へメール
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
ファイル添付 (最大容量:5120KB)
参照先
軍人恩給
軍人恩給は、何兆円ではなく、何十兆円だった。訂正。
植民地だった台湾や朝鮮からも多数の軍人が戦争に参加させられた。しかし、軍人恩給の支給は、植民地の軍人には支払われなかった。台湾の軍人には、後でちょろっと払って、お茶を濁した。韓国の軍人には、当然、支払われてなかったんだろう。こき使った労働者の賃金すら踏み倒して、請求すると国際条約違反だなどと、頓珍漢な間抜けなことをいう高官や学者がわんさかいる状態だからなあ。

軍人恩給は軍隊の階級によって、支払額が差別化され、A級戦犯の東条英機にも、その階級に見合った金額が支払われ続けた。
管理人 2020/09/10(Thu) 09:17 No.5195
無題
貴殿の名も挙げているが、北詰が作成したというこれらの書面の意見を訊きたい。
逆転無罪判事・原田國男は近年の著書で、逆転無罪者の大半は灰色無罪と語っている、北詰の場合は灰色どころか、保険金殺人も揉み消す犯罪判決だ、この原田國男から即決懲役された不審から北詰事件に辿りついた。
http://suihanmuzai.com/index5/170420-1.jpg.html


痴呆北詰は知っての通り何でも反共の真似事で騒ぐが、この北詰から「死んだ女房の保険金」なる投稿を名誉棄損だと告訴してガサ入れまでされた事実は看過できず、しかも民事でも5万5千円の支払いをさせられた、この落とし前は付けさせるが検察はもみ消した。また吉田の件もあり、やはりお主とはディベート出来ない。
suihanmuzai 2020/09/08(Tue) 21:42 No.5194
無題
ロウムシャ・・インドネシア語になっている ヘイホとして戦争に狩り出された損害補償請求に日本の裁判所は悉く却下
 教科書にも日本兵に拠る虐殺の事実が記載されている マラン郊外のバァーツゥーには日本軍の塹壕が残されている
老人から何度も責められた事がある  金が無いと知れば迫害される素地がある


>請求権を否定している

この問題は賛同して、こんな過疎掲示板でなく糾弾掲示板にスレを立てて訴えるから参加のほどを。
suihanmuzai 2020/09/08(Tue) 00:24 No.5193
Re:[5191] 無題
> 魯迅曰く、「血債はかならず同一物で返済されねばならない。支払いがおそければおそいほど、利息は増さねばならない」それでなければ金銭は必要です、カネとはいいものです。人権は経済的に補償されて初めて保障される。

現実問題として、金銭的な補償しかできないよね。従軍慰安婦だって、徴用工だって、南京大虐殺だって、金銭で保証しても、失われたものは真には回復できない。それでも、金銭で補償するほうがしないよりは全然いい。戦後の日本国は恥知らずというものだと思うな。中国や朝鮮などに対する戦争犯罪の被害だけではなく、日本国内の爆撃による被害者に対しても、国民が等しく負担すべきだなどと言って、補償を拒絶している。ところが、軍人恩給だけは、何兆円もの莫大な予算を割いて、払い続けている。道志会の多くの人たちは、韓国の被害者の補償請求に対しては、河野太郎まがいの反応を示して、請求権を否定している。お主の考えを聞きたいな。

> 希望とは、欲望と期待が一体になったものであるな。希望とは地上に拓かれた道のようなもの。

パンドラの箱を開けた時に、唯一残っていたのが希望。魯迅は吶喊自序で、希望は将来のものだから否定はできないとして、文芸活動を再開した。もう少し、きれいなものではないですか。

> 我が事件の発端は一千万円を超える詐欺事件に始まる、この報復に二年と数百万を費やす長期プロジェクトで警察を巻き込んだ一大騒動を謀った。無謀な行動と計算されたリスクとは紙一重で攻めぎ合うものである、また我が事件は、暮れに迫った頃に吹く大風を「十夜の嵐」という、人生後半となり一か八か大博打をした。

はあ、なにかすごそう。

> こうしたことを留置場で所持ノートに書いて外部に発信した、やはり担当検事の高橋真は盗み読みしていた、そしてこのノートは何故が民事の弁護士から、民事敗訴の半年後の2001年2月に不法滞在で収監されていたマラン刑務所に送られてきた。

マラン刑務所って、なんでそんなとこに。

> 我が報復劇を知る原和良弁護士も含む民事担当の弁護士らは、これを生産拡大化して一大司法改革をしようとしている、

本当ならいいんじゃないの。弁護士は、あてにならないというけど。

> から吾輩はお前ら事件屋相手に鬱憤を晴らし艱難辛苦の荊の道を乗り越えてきた、大きなうねり見えてきたな。

掲示板の管理人を怒らせないほうがいいんじゃないかな。
管理人 2020/09/07(Mon) 14:42 No.5192
無題
魯迅曰く、「血債はかならず同一物で返済されねばならない。支払いがおそければおそいほど、利息は増さねばならない」それでなければ金銭は必要です、カネとはいいものです。人権は経済的に補償されて初めて保障される。

希望とは、欲望と期待が一体になったものであるな。希望とは地上に拓かれた道のようなもの。
我が事件の発端は一千万円を超える詐欺事件に始まる、この報復に二年と数百万を費やす長期プロジェクトで警察を巻き込んだ一大騒動を謀った。無謀な行動と計算されたリスクとは紙一重で攻めぎ合うものである、また我が事件は、暮れに迫った頃に吹く大風を「十夜の嵐」という、人生後半となり一か八か大博打をした。

こうしたことを留置場で所持ノートに書いて外部に発信した、やはり担当検事の高橋真は盗み読みしていた、そしてこのノートは何故が民事の弁護士から、民事敗訴の半年後の2001年2月に不法滞在で収監されていたマラン刑務所に送られてきた。

我が報復劇を知る原和良弁護士も含む民事担当の弁護士らは、これを生産拡大化して一大司法改革をしようとしている、だから吾輩はお前ら事件屋相手に鬱憤を晴らし艱難辛苦の荊の道を乗り越えてきた、大きなうねり見えてきたな。
suihanmuzai 2020/09/07(Mon) 05:54 No.5191
Re:[5188] 無題 おまけ
> 人が生きたと実感できるのは大金を得たか栄誉だ、この両方をワイは叶うのだ、人生最良の日はこれからだ、

希望はいいが、志が低い

希望とはなにか

Petofi Sandor
Remeny
Mi a remeny?... fortelmes kejleany,

Ki minden embert egyarant olel.

Ha rapazarlod legszebb kincsedet,

Az ifjusagot: akkor elhagy, el!

だめだ、ハンガリー語のフォントを表示できない。sjisに頼りすぎてる。

希望とは何か?…いやらしい欲深い少女
誰でも同じように抱きしめる。
君の最も美しい宝物を浪費すると、
それは青春、そして、君を捨てて去って行く

でも、おいらは希望が好きだな。

> この逆がお前らを待ち受けておるな。

そうかいな。

絶望之虚妄、正与希望相同!(魯迅)
管理人 2020/09/06(Sun) 17:37 No.5190
Re:[5188] 無題
> 論より証拠であるのは証明済み、この先悲惨なことになるお前らに親切にも進言したが、偏狭者には受け入れられないだろうな。
> 人が生きたと実感できるのは大金を得たか栄誉だ、この両方をワイは叶うのだ、人生最良の日はこれからだ、この逆がお前らを待ち受けておるな。

ノストラダムスか、麻原か、大川か、やけに予言者めいてきたね。予言者と預言者の違いは判るか?
管理人 2020/09/06(Sun) 14:23 No.5189
無題
論より証拠であるのは証明済み、この先悲惨なことになるお前らに親切にも進言したが、偏狭者には受け入れられないだろうな。
人が生きたと実感できるのは大金を得たか栄誉だ、この両方をワイは叶うのだ、人生最良の日はこれからだ、この逆がお前らを待ち受けておるな。
suihanmuzai 2020/09/06(Sun) 13:58 No.5188
Re:[5186] 無題
遂犯無罪さん、こんにちは。

> ところで、裁判問題を学際的に論じている組織は多いが、。

多くないと思うよ。法学者や弁護士会、裁判官は、とても学問的に司法を見てるとは言えない。詳述すると長くなるが。

> 個々の裁判沙汰を総括的に運動体として活動する組織は見当たらない、。

冤罪が掃いて捨てるほどあるんだから、支援運動もそこそこあるでしょう。

> まあ事件は個々で多種多様だから当然だろうが、我が事件は前科者とされた刑事裁判体験者なら大同一致して社会提起できる憲政以来の司法危機を包括する大事件である。
>

いまいちよくわからない。本当ならば説明不足かな。説明以前に他人を中傷したり罵倒したり、的外れな法律論をとうとうと語ったりで、エネルギーを浪費しているのが問題か?

> 本来ならば、検察官の証拠の偽造という刑事司法の根幹に及ぶ司法危機を書証で証明した我が事件に焦点を当てた司法改革運動をすべき在野の貴会が。

証明したという人が多いこの分野だが、ほんとかどうか。証明するには論文ぐらい書いてほしい。書きなぐりじゃだめ。こんなことが判らないのかなどと恫喝めくのも証明的にはゼロだよ。

> 北詰や小川の保険金殺人犯と共謀関係にある、。

保険金殺人はお主が言っているだけ。共謀関係とは何を指すか不明。

> まあ組織を謡うからには犯罪者も紛れ込むだろうが、。

紛れ込むほどの組織でもないし、犯罪者という言葉はかなりいい加減な罵倒言葉さ。大高さんも裁判官や警察官は犯罪者だと言っている。安倍晋三が犯罪者だと公言している人は掃いて捨てるほどいる。犯罪者とは何か、定義せよ。

> 「裁判正常化道志会」の看板は外して、これ以上の犯罪性隠匿にもお主自身は懺悔して身を引かぬか、。

わけわかめなやつ。

まあ、暇そうだから、ここで遊んでもいいよ。
管理人 2020/09/06(Sun) 11:56 No.5187
無題
ところで、裁判問題を学際的に論じている組織は多いが、個々の裁判沙汰を総括的に運動体として活動する組織は見当たらない、まあ事件は個々で多種多様だから当然だろうが、我が事件は前科者とされた刑事裁判体験者なら大同一致して社会提起できる憲政以来の司法危機を包括する大事件である。

本来ならば、検察官の証拠の偽造という刑事司法の根幹に及ぶ司法危機を書証で証明した我が事件に焦点を当てた司法改革運動をすべき在野の貴会が北詰や小川の保険金殺人犯と共謀関係にある、まあ組織を謡うからには犯罪者も紛れ込むだろうが、「裁判正常化道志会」の看板は外して、これ以上の犯罪性隠匿にもお主自身は懺悔して身を引かぬか、
suihanmuzai 2020/09/05(Sat) 06:42 No.5186
- LightBoard -